和式洋式で自分で修理可能な水のトラブル

和式と洋式のトイレで起こる水のトラブルの中には、自分で対処できるものもあります。自分で対処できる方法を知っておき、水のトラブルが起こったら実践してみるといいでしょう。ただし軽い症状に限るので注意が必要です。

■和式洋式トイレで対処できる方法

和式と洋式のトイレを使用する際に、トイレットペーパーを多く流してしまうことでつまりが起こることがあります。この場合にはお湯を流すことでつまりが改善されることがあります。ただお湯も熱湯ではなく50度から60度程度のお湯にすることが大切です。熱湯では便器を傷めてしまうことになります。お湯を入れて30分程度待ち、症状がなくなればトイレを使用できます。ただお湯を入れすぎて汚水が溢れ出さないように気を付ける必要があります。



■お湯以外では洗剤とラバーカップの使用も効果的

お湯を使用する方法では時間がかかるので面倒な方、またお湯を使用しても改善が見られない場合には、専用の洗剤を使用するといいでしょう。洗剤を便器中に流すことで、トイレのつまりが改善されることがあります。またラバーカップがある場合には、圧力を加えてつまりを改善していくといいでしょう。これらのアイテムを使用して改善されなければ、作業を中断し、トイレの交換や修理を行う業者に連絡をすることが必要です。



■まとめ
和式と洋式のトイレでは、つまりの症状については自分で対処することができます。簡単な方法ではありますが、なかなか改善されないような場合、早めに修理の依頼を業者に依頼しなければなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ