洋式和式で起こる水のトラブルは水漏れ

洋式、和式トイレ両方で水のトラブルが起こることがありますが、どちらでも水漏れは多く起こるものです。自宅にあるトイレのタイプでどういった具体的な症状が見られるのか、知っておくとスムーズに対処ができます。

■洋式トイレで起こる水漏れ

洋式トイレでは自分でタンクのバーを回して使用するタイプと、また最近多くなってきているウォシュレットタイプがあります。これらのタイプでは和式と同様に給水栓や止水管、洗浄管でウォシュレット 水漏れが起こることが多いものです。しかし便器の裏側で水漏れが起こることも洋式タイプの場合あります。便器の裏側は日常的に見ないため、発見が遅れやすいものです。また便器と床の接続部分からの水漏れも両方のタイプから起こります。この場合トイレ内が不衛生になるため、早急に業者に連絡をしなければなりません。


■和式トイレで起こる水漏れ

和式トイレは手洗い機能付きと、フラッシュバルブ、ハイタンクがありますが、共通してみられる水漏れは給水栓や止水管、洗浄管で見られるものです。これらの部分から水漏れが起こると症状が治まることがないため、早急に水のトラブル時に修理を行う業者に連絡をしなければなりません。またフラッシュバルブでは、フラッシュバルブから水漏れが起こる場合があります。この場合でも修理が必要になります。




■まとめ
洋式と和式トイレの両方で水漏れは起こるものです。どちらも自分で対処することは難しく、症状を個人で改善することはできないことが多いです。そのため早めに業者に連絡をしなければなりません。また水漏れが起こってないか定期的に目視でチェックすることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ