つまりの水のトラブル予防

和式と洋式の両方のトイレで多く起こる水のトラブルとして便器のつまりがあります。つまった場合には自分で解消する方法もあります。ただ症状がひどい場合には、自分で対処できないものです。そのため、つまりが起こらないようにしていくことが必要です。また専門の業者に相談をすることも重要になります。使用ができなくなるようなつまりが起こらないようにしていくために、どのようなことをすればいいのでしょうか。

■日常的に行いたい対策

和式と洋式の両方のトイレでつまりが起こらないようにするために、まずはトイレットペーパーを一度に多く流さないことが大切です。またお掃除シートはよりつまりやすいため、1枚ずつ流した方が良いです。さらに毎日の掃除はとても重要です。洗剤も併用しながら、便器の掃除をこまめに行うことが大切です。トイレの掃除を頻繁に行うことで、トイレ 水漏れなどの症状も見つけやすくなるという利点があります。



■定期的に点検を行うことも大切

掃除は自分でできるつまり対策になりますが、これだけではつまりが完全に起こらないようにすることは難しいです。つまりは急に起こるものですし、起こるとしばらく使用ができません。生活が止まってしまうため、非常に困ってしまいます。そのため、水のトラブルの際に修理を行う業者の中に点検を行ってくれるところがあれば、定期的に点検とメンテナンスを行ってもらうことも必要です。



■まとめ
トイレのつまりが急に起こらないようにするためには、毎日の掃除は重要です。それに加えて、専門の業者に点検とメンテナンスを依頼し、安心してトイレが使用できるようにすることも大切です。信頼できる業者を見つけておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ