水のトラブルが起こる和式トイレと洋式トイレ

温水洗浄便座が有り無しの洋式トイレ、また和式トイレが一般家庭にはあります。それぞれのトイレではいくつかのタイプに分類されます。水のトラブルが生じる前に、どういったタイプがあるのか確認しておくことが大切です。

■洋式トイレはいくつかのタイプがある

洋式トイレではウォシュレットが付いていないタイプがあります。この場合はタンクのバーを回すことで水を流していきます。このタイプではタンクのバーが回らないといった症状が起こることがあります。最近洋式トイレで多いのがウォシュレットです。単にノズルが出てきて洗う機能が付いているだけではなく、便器を温めたり、消臭機能が付いているといったタイプも見られます。このタイプでは電気系統でのトラブルが起こりやすいといえます。この場合には自分で修理を行うことはできません。


■和式トイレもいくつかのタイプに分類される

和式トイレはいくつかのタイプに分類されますが、メインとなるのが手洗い機能付きの和式便器です。また手洗い機能が付いていない和式便器があり、フラッシュバルブと呼ばれます。さらにトイレタンクが上部に設置されているハイタンクがあります。これらのタイプで水のトラブルが起こった場合、自分で対処できる場合もありますが、修理が必要な場合、洋式トイレと同様にどのタイプでも修理の実績がある業者を選択する必要があります。


■まとめ
洋式も和式もいくつかのタイプがありますが、いずれのタイプでも修理が必要な場合、長い実績がある業者を選択し、早急に連絡をしなければなりません。信頼できる業者を見つけておけば、どのタイプでも安心して使用することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ