タイプごとの水のトラブル

タイプごとの水のトラブル トイレは洋式だけではなく和式もあり、それぞれでさらに細分化されます。それぞれのタイプのトイレでは異なった水のトラブルが起こることがあります。そのため、自宅にあるトイレがどのタイプなのかまず知っておくことが大切です。またタイプごとにどういったトラブルが起こりやすいのか、この点も知っておくようにしなければなりません。
トイレの水のトラブルは、自分で改善を図ることもできますが、多くは修理が必要な症状です。そんな時には修理を行ってくれる業者に速やかに連絡をしなければなりません。またその業者も多くなってきていますが、その中で最も信頼できる業者を慎重に選ぶことが大切です。

■トイレはいろんなタイプが存在している

温水洗浄便座の洋式トイレがいろんな家庭で採用されていますが、洋式トイレではいくつかのタイプに分類されます。手洗い機能が付いており、手洗いができるタイプの洋式トイレは多くの家庭で見られます。またハイタンクタイプというものがありますが、これは便器に流すための水を一旦溜めておくタンクが天井など高い場所に設置されているという特徴があります。和式トイレでもタイプがいくつかあります。手洗い機能付きの和式便器もありますが、この他に手洗い機能がないフラッシュバルブもあります。さらに和式でもハイタンクタイプが存在します。このように、トイレといってもいろんなタイプが存在しているのです。自宅にあるトイレのタイプをあらかじめ理解しておくことが大切です。

■水漏れやつまりなどの症状が多く起こる
和式トイレは3種類に一般的に分類されますが、給水栓や止水管、洗浄管で共通して水漏れが起こることがあります。またフラッシュバルブについては、フラッシュバルブから水漏れが起こることがあります。洋式トイレについては2種類に分類されますが、これらも給水栓や止水管、洗浄管で水漏れが起こる場合があります。水漏れと同様に多く起こるのは便器のつまりです。これは和式も洋式も両方で起こるものです。つまってしまったときに自分で対処できるような軽い症状もありますが、改善されないようなつまりの場合には早急に業者に連絡をして修理の依頼をしなければなりません。この他に便器の亀裂などもありますが、最も多い水のトラブルは水漏れとつまりです。

■水のトラブルの予防と修理

水のトラブルが起こった場合には、自分で対処できる場合以外では業者に依頼して修理をしなければなりません。多くは症状が改善されないことが多く、そのまま放置していると症状が悪化してしまうケースもあります。そのため早めに業者に連絡をする必要があります。また症状が起こらないように、頻繁に掃除を行ったり、また定期的に点検やメンテナンスを業者に依頼することも大切です。
水道 修理や点検を行う業者は最近では多くなってきていますが、料金や実績、サービスの良さなどを選択ポイントにして慎重に選択していくといいでしょう。ホームページや業者に連絡をして情報収集し、具体的に決めていくようにしましょう。信頼できる業者が見つかれば、今後トラブルが起こってもすぐに連絡できるので安心ですし、修理後も安心して使用することができます。

■まとめ
トイレに関しては、タイプと特徴を知っておき、トラブルが生じた時のために準備をしておくことが大切です。特に定期的な点検やメンテナンス、修理はいつまでも清潔で快適にトイレを使用していくために欠かせない作業となります。このサイトでは和式と洋式のトイレの特徴と起こりやすい症状、またその際の対処、さらに修理や点検のための業者について説明しています。トラブルが起こる前にこれらの情報を知っておくと行動がスムーズになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース